木のある風景
kinaruf.exblog.jp
PHOTOLOG
by kinaruf
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Top
kabe no kizu
2007年 02月 08日 |
c0100988_43364.jpg

傷はいつも完全に治すためにあるのではない
傷跡が美しく見えることがある

<Pen-FT+F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f38mm>



傷は治らなくても それを使うことだってできる
傷がなかった前よりも 美しくなることだってある。
  
元町の路地にあるショップの建物。
震災の跡の壁の割れがアートのように用いられている。
壁に描かれている魔女?の絵もいい。
この建物のデザインに 賞をあげたい。

なんだか今週はものすごく忙しくてハードな毎日。
ああ一体、いつになったら暇が生まれるのだろうか。
一体、いつになったら森にでもでかけることができるだろう。
[PR]
<< window PageTop マネキンのあるカフェ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon