木のある風景
kinaruf.exblog.jp
PHOTOLOG
by kinaruf
プロフィールを見る
画像一覧
Top
めだかみえますか?
2007年 04月 23日 |
c0100988_21521561.jpg

 毎年,4月にすること

Pen-FT+F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f38mm



毎年,この時期に屋外のめだかの住居の掃除。
今年はめだかたちには申し訳ないが,少し遅れてしまった。
メダカを飼い始めてかれこれ5年ほどになる。

今は黒めだか,ひめだか,青めだか,白めだか,4種類ほど。
我が家のメダカたちは,屋外の火鉢,プランター,スイレン鉢,屋内では小さな水槽で。

メダカを飼うのにお勧めは屋外。
色々試行錯誤した結果,手軽で失敗しないと思う方法は次のとおり。

・プランター,スイレン鉢,用意する。プランターは一般的な細長い安いのでもよい。200円
・プラントの底にフタをする。(たいてい小さなフタがついている。なけれな粘土で穴を塞ぐ)
・プランターの底に園芸用の赤玉土を適当に敷き詰める。(ホームセンターで300円くらい)
・水を注ぐ。赤玉土は洗わなくてもよいが,ゴミが混入しているものもあるので,水を注いで浮
いてきたゴミは捨てる。8分目から9分目くらいまで。ぎりぎりに注ぐとメダカがジャンプして外に飛び出してしまいミイラ化してしまうことがある。
・できれば太陽の光が朝から昼ぐらいまで当たるところに置くのが望ましい。
・水をはったらホテイ草(150円)を浮かべる。ホテイ草は,魚に酸素を供給し,水を浄化し,メダカの隠れ場所,それから卵を産みつけ場所ともなる。
・そのまま1週間放置する。これはものすごく重要。この1週間の間にメダカが住み易い環境ができる。つまりバクテリアが繁殖する。水を注いだばかりの時は当然のことながら水は濁っているが1週間の間に見違えるほどきれいになる。
・1週間後にメダカを飼ってきて入れる。この1週間の期間を置かないとメダカが★になる確率はものすごく高くなってしまう。飼ってきてすぐに死んでしまうということは1週間を置く事によってほとんどなくなる。
 
 この方法が一番,よいと思います。不思議と病気にもかかることも少なくメダカはものすごく元気。おそらく太陽光がなんらかの影響をもたらしていると思われる。誰でもきっとできる。
 繁殖の方法についてはまた今度,記すことにしましょう。
[PR]
<< おひさしぶりです PageTop 思い出 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon